Big-A Discount Foods

社長ブログPRESIDENT BLOG

TOP > 社長のつぶやき

ビッグ・エー社長のつぶやき

浪速のロードウォリアーズⅧ2018.08.03.Friday

道すがら、ヒョウ柄の服を着たおばちゃんと

髪の毛を紫色に染めたおばちゃん二人組みが話をしていました。

 

ヒョウ柄のおばちゃん

 「あかん、あかん、自民党の石破茂と

  ゆりやんレトリィバァの見分けがつかへん」

紫色に染めたおばちゃん

 「熱中症ちゃうんか? 落ち着いていきやー!」

ヒョウ柄

 「今、熱中症ちゅうたら、彩芽ちゃんやろ。

  W杯決勝観戦報告なんか、調子のっちゃって!やがな」

紫色

 「あれは、ランチパックダンス級のうかれ具合やったのう」

ヒョウ柄

 「『この笑顔が大好き』ってのも、どないやねん!?

  稲川淳二の話よりZOZOっとしたわ」

紫色

 「彼女も、劇場版『怪談レストラン』に出てる頃は

  あんなんやなかったけどのう」

ヒョウ柄

 「激情版『失恋レストラン』にならんかったらええけどな」

紫色

 「SNSも、この猛暑ぐらい炎上つづきやけど、

  まあ殆どやっかみやな」

ヒョウ柄

 「せやせや、稲川淳二ちゅうたら、

  この前、アルバム整理しとったら、心霊写真が出てきたんや」

紫色

 「はっきり写ってんのか?」

ヒョウ柄

 「それが、ドンくさい心霊で、目つぶって写ってんのや。

  ほんまかなわんで」

紫色

 「ぜんぜん怖ないし、確かに、かなわんはのう」

ヒョウ柄

 「かなわんちゅうたら、冷し中華の液体スープや。

  袋に『どこからでも切れます』って書いとるけど、

  手ベタベタでぜんぜん切れへんかったがな。

  ほんまムカつくで!」

紫色

 「あんたが、切れとるがな!」

ヒョウ柄

 「少し苛つくんは、新幹線乗っとる時の

  『時代の先端をいく雑誌 ウェッジ』や。

  自分で言うな!ちゅうねん」

紫色

 「あんた、何をさっきから、ボヤいてばっかしおんねん」

ヒョウ柄

 「ボヤくちゅうたら、野村さんが東京五輪の開閉会式の

  監督するらしいがな」

紫色

 「それ、野村は野村でも、野村萬斎やで」

ヒョウ柄

 「ぼやき漫才?」

紫色

 「なんで、人生幸朗師匠やねん!

  責任者、出てこい!」

ヒョウ柄

 「出てきたがな、日本ボクシング連盟会長」

紫色

 「『スッキリ』で加藤浩次にツッコまれて

  TKO状態やったがな」

ヒョウ柄

 「木本と木下も何か関係してんのか?」

紫色

 「そのTKOとちゃうわ!

  まあ、コントみたいな弁明やったけどな」

ヒョウ柄

 「山根会長と日大・田中理事長とで

  新アンガールズって呼ばれとうらしいがな」

紫色

 「ジャンガジャンガジャンガジャンガ、言うかあ!

  まあ、確かに、二人とも悪よのう」

ヒョウ柄

 「両方とも、ずっと

  虫の居所でも悪いような顔しとるがな」

紫色

 「せや、虫の居所ちゅうたら、

  あんた小学生の時、クラスで飼ってたカブトムシの幼虫を

  お菓子のカールに全部すり替えて、ほくそ笑んどったがな」

ヒョウ柄

 「あんたも、観察日記つけてる男子の前で

  そのカール全部食うて、ニヤっと笑ろてたがな。

  その男子、泣いとったで、お主も悪よのう」

紫色

 「いやいや、お主こそ」

ヒョウ柄

 「いやいや、お主こそ」

紫色

 「なら判定や!」

ヒョウ柄

 「そら、カブトムシだけに、aikoでしょ」

紫色

 「まあ、確かに、二人とも悪よのう」