Big-A Discount Foods

社長ブログPRESIDENT BLOG

TOP > 社長のつぶやき

ビッグ・エー社長のつぶやき

現実頭皮2018.09.05.Wednesday

お酒の席などで、なぜかよくハゲの議論を持ちかけられます。

そのような際、必ず展開する自論がございます。

「ハゲ進化論」です。

 

図鑑や教科書で「人類進化図」を見た憶えがあるかと思います。

猿人からネアンデルタール人、クロマニヨン人、ホモ・サピエ

ンスへと進む過程の図解です。

これは、霊長類からホモ・サピエンスまでの変化を表しており、

四足歩行から直立二足歩行への進化を示していると習いました。

ただ、この「人類進化図」を改めて観察すると、歩行の仕方が

変わっただけでなく体毛の量が変化していることに気づきます。

進化の度に、体毛が減っていっているのです。

 

そうなのです!

「ハゲ進化論」とは、6500万年以上の時を経て、人類がハ

ゲに向かって進んでいるという説なのです。

人類において、ハゲこそが最先端の進化系ではないかという自

論なのです。

 

しかしながら、この自論を展開すると大体が負け犬の遠吠えの

ような目で見られます。

ただ、先日書店で『ハゲの文化史 ~人がハゲるのは進化の証~』

という本を発見しました。かの有名な荒俣宏氏の書かれた今年

8月10日第1刷の新刊本です。

「ハゲ進化論」を補完してもらえる内容が書かれていると胸を

ときめかせ一気に読みました。

でも、全く期待とは異なり、ハゲも髪型の一種、おしゃれであ

り個性と捉えるべきという、毛髪全般に関する文化的な見解で

した。

 

まだまだ「ハゲ進化論」の研究は始まったばかりです。これか

らもライフワークとして取り組んでいきたいと思います。

 

最後に、トランスポーターシリーズで有名な俳優ジェイソン・

ステイサムの言葉で締め括らせてもらいたいと思います。

「俺は、自分がハゲってことを神に感謝しているぜ。

 そもそもこの俺に、髪の毛なんて似合わねえ」

こんなハゲに進化していきたいと思います。