Big-A Discount Foods

社長ブログPRESIDENT BLOG

TOP > 社長のつぶやき

ビッグ・エー社長のつぶやき

AI vs 教科書が読めない子どもたち2018.12.31.Monday

 今年、読んだ本の中で最も衝撃的で印象に残ったのが、国立情報学研究所の新井

紀子教授の書かれた『AI vs 教科書が読めない子どもたち』でした。

 新井教授は、「ロボットは東大に入れるか」と名付けられた人工知能プロジェク

ト、通称「東ロボくん」の立ち上げに携わり、主導された方です。

 この本は、まずそのプロジェクトの中で解明した、AIの可能性と限界について

述べられています。

 

 AIは、数式で表わすことができること、論理、確率、統計で表すことができる

こと以上のことは理解できず表現できないのだそうです。

 例えば「私はあなたが好きだ」と「私はカレーが好きだ」や「先日、岡山と広島

に行ってきた」と「先日、岡田と広島に行ってきた」という文の本質的な意味の違

いは数式で表現することは極めて難しく、そこにAIの限界があるとのことです。

 そして、少なくとも我々やその子供の世代が生きているうちには、AIが人間の

知性を超える、シンギュラリティは起きないと述べれれています。

 

 しかし、近未来に、労働力、特にホワイトカラーが担っている仕事の多くでAI

が人間の強力なライバルになる可能性が大きく、今迫ってきているのは、勤労者の

半数を失業の危機に晒してしまうかもしれない実力を培ったAIと、共に生きてい

かざるを得ない社会なんだと認識しなければならないと述べられています。

 更に、「企業は人不足で頭を抱えているのに、社会には失業者が溢れている」こ

れが新井教授の未来予想図であり、とてもショッキングでした。

 

 かと言って、先にも記載した通りAIは万能ではなく人間の仕事の全てを肩代わ

りしてしまうことはこの何十年ではあり得ない。コミュニケーション能力や理解力

を求められる仕事、つまり高度な読解力と常識、加えて人間らしい柔軟な判断が要

求される仕事についてAIは不得意であり、人間が担うべき分野だと述べられてい

ます。

 

 ただ、この本の中で新井教授が何よりも危惧されているのが、その人間の読解力

の低下、特に中高生の多くが文章を正しく理解できていないことにあります。

 スマホの普及やITの浸透によって、現在、情報検索的な読み方をする子供が増

えていると指摘されています。文章全体の意味を捉えて読むのではなく、情報検索

をするようにこれまでのデータを検索し、頭の中で個々の属性だけをつなぎ合わせ

るという読み方をする子供たちが多くなったことが実験の結果から判明しているそ

うです。

 

 それは、まさに子供のAI化とでも言った現象です。AIに「おいしいイタリア

ンレストランを教えて」と質問し、その後に「まずいイタリアンレストランは?」

と質問すると、同じレストランを答えるということが起こるのだそうです。「レス

トラン」を検索する時にそもそも「まずい」という言葉がほとんど使われないので、

過去に沢山使われた「旨い」レストランに収斂されてしまうからだそうです。

 こういったことが、人の子どもたちにも起きているのが実状です。全ての基礎と

なる読解力が低いままに大学などで高等教育を受けようとしても、知識も技術も身

につけることはできないということです。

 自分自身も省み、読解力やコミュニケーション能力、人間らしい柔軟な判断力が

低下していないか、非常に考えさせられる一冊でありました。