Big-A Discount Foods

社長ブログPRESIDENT BLOG

TOP > 社長のつぶやき

ビッグ・エー社長のつぶやき

「感謝」することの心理的効果2019.05.20.Monday

現在、日本経済新聞朝刊の「やさしい経済学」では「働き方の変化とモチベーション」

というテーマで、産業・組織心理学を専門にされている九州大学准教授の池田浩氏が

執筆されています。

 

特に先週木曜日に掲載された『「感謝する」ことの心理的効果』は、とても感銘を受

けましたので、一部ご紹介させて頂きます。

 

  IT化は私たちの働き方を劇的に変えました。パソコンは仕事に必要不可欠

 となり、会社の一人ひとりはネットワーク上でつながっているものの、個別に

 仕事に取り組むことが増えました。個業化と呼ばれる現象です。

 

  IT化は関係者とのコミュニケーションのあり方も変えました。対面の交流

 から電子媒体を介した交流に変わり、お互いの関係性が希薄になったとも指摘

 されています。同僚や他部署が成し遂げた仕事に対し、十分な関心を示さなく

 なるどころか、「当たり前」「当然のこと」と考えることも少なくありません。

 感謝の気持ちが希薄化しているといっても良いでしょう。

 

  <中略>

 

  一方で、心理学の知見では「感謝されること」よりも、むしろ自ら「感謝す

 ること」の方が広範囲で多くの効果をもたらすことが分かっています。「感謝

 すること」で精神的健康や幸福感が促されるだけでなく、顧客や同僚など相手

 の視点に立って物事を考えるようになり、周囲に積極的に協力するようになり

 ます。さらにその協力が職場内に波及し、結果として会社全体で協力関係を醸

 成することにつながります。各人が「感謝する」習慣を持つことが、組織力を

 高める大きな力を秘めているのです。

 

  IT化で働き方が大きく変化しつつありますが、改めて顧客や上司、同僚に

 対して「感謝する」風土が会社に求められています。

 

 

これは、当社の大切にする『凡事徹底 凡事感謝』にも通ずるもので、仲間同志が感

謝し合うことの重要性を再認識させてもらいました。

「企業は人なり」といいますが、環境が変化しようとも、その人たちがお互いに感謝

し合える会社でこれからも未来永劫あり続けたいものです。