Big-A Discount Foods

社長ブログPRESIDENT BLOG

TOP > 社長のつぶやき

ビッグ・エー社長のつぶやき

2020年代に輝くビジネスパーソン2019.09.23.Monday

グーグルで人材育成やリーダーシップ、組織開発を担当され『人生が変わるメンタル

タフネス』などの著書でも知られるポーランド出身のピュートル・フェリクス・グジ

バチさんが、『NEW ERITE ~グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変

える人たち~』という本を新たに出版されました。

「エリート」と目にすると、特別視されたどこか鼻持ちならない優越者層のようなイ

メージがあるかもしれません。ただ、「エリート」を「成果を出す人たち」や「楽し

みながら充実した仕事をする人たち」と読み替えると得心できるかと思います。

筆者も「楽しんで仕事した者勝ち」「急激な変化を楽しめ」と表現されています。

 

著者は、2020年代に活躍するビジネスパーソンの条件として「利他主義」「学習

主義」「オープンな人間関係」「新しい価値を創る」を挙げられています。

そして、「ニューエリート」になるための7つのキーワードとして、

①「自分を知る」努力を続ける

  自分は何者か、何をすることができるのか、きちんと把握している人は少ない。

  最初は把握できなくても、日ごろから「自分は何をしたいのか?」と自問し続

  けることが大事である。

②「疑うスキル」を磨く

  今日のやり方が、明日は正しいとは限らない。成功体験にとらわれすぎず、い

  ったん手を止めて「本当にこの方法でいいのか」「この選択が最善か」と自問

  する癖をつけて判断する。

③失敗を恐れず「DCAサイクルを回す

  プランを悠長に練る必要はなく、アイデアが浮かんだら、まず実現に向けて失

  敗を恐れずに動くことが大事。動きながら最良の方法を模索することが実現へ

  の近道。「新しい失敗は大歓迎」

④「アウトプット」にこだわりを!

  目の前の仕事に面白みを感じない人は、面白くする工夫を。アウトプットにプ

  ライドを持ち、アウトプットのプロセスを楽しむようなアイデアを考える。

⑤「Learn×Unlearn」

  いつの時代も学び続けることが重要。一方で、今のやり方をいったん忘れると

  いう柔軟性を持つことも重要。時代はどんどん変化しているのだから。

⑥「強欲主義」から「利他主義」へ

  かつてのエリートは出世や利益を優先する強欲主義的な傾向が強かったが、今

  後は、他人のためにという利他主義な考えが人を巻き込み、新しいビジネスを

  生む大きな力になる。

⑦毎年テーマを決めて「脱皮」する

  変化が著しい時代においては、5年後、10年後といった先のプランを立てる

  のは難しい。まずは1年1年、何をするかテーマ(目標)を決め、今の自分か

  ら「脱皮」することを心がける。

と提唱されています。

 

また、日本在住17年のピュートルさんは、「僕は『世界を止める習慣を作りましょ

う」とよく話します。例えば、日本人は飲みに行くと、代表者が『とりあえずビール』

と注文する。赤ワインが飲みたい人がいるかもしれないのに。赤ワインが飲みたいと

言えば『え!?何でビールじゃないの?』と言われてしまう。1杯目に赤ワインとい

う発想ができないのが思考や行動のパターン化なのです。普段の仕事でも、一度世界

を止めれば今何が起きていて、どんな行動パターンがあって、その行動パターンを続

けるのか、途中で止めるのか、方向性を変更するかなど考えられる。言い換えれば

『客観視』していろいろな角度や距離から考える癖がつけば『常識を破る力』や『新

しい価値を生み出す力』が自然に身につくわけです。」とも説明されています。

 

AIやIoTなどテクノロジーの急速な発展により、働く環境や働き方がここ近年

大きく変わりました。それは今後さらにスピードを上げて進化していきます。

『日進月歩で日に新た』

そういった意味でも『NEW ERITE』=『2020年代に活躍するビジネス

パーソン』はとても示唆に富んだ、大変勉強になる一冊です。