Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2015年7月24日

お中元

2週間ほど前になりますが、神戸に住む母へ、お中元を贈りました。

母が昔から大好物だった、ボンレスハムとロースハムの詰め合わせにしました。

 

4、5日で届くとのことだったのですが、1週間たっても母から連絡がありません。

いやらしい感じがして、こちらから連絡するのを躊躇しておりました。

しかし、10日たっても連絡がありません。

何か、トラブルでもあったかと思い、2週間がたった昨日こちらから電話を入れました。

 

私「もしもし、お母ちゃん、元気にしとる?」

母「元気に決まってるやろ」

 

なぜか、母は不機嫌そうでした。

 

私「お母ちゃん、何か変わったことでもあったん?」

母「何もないわ。毎日、毎日、暑いだけや」

 

やはり、不機嫌そうでした。

 
私「お母ちゃん、機嫌悪いみたいやけど、何かあったん?」

母「暑いだけって、言ってるやろ」

 

一向に、お中元の話が出てきません。

仕方がないので、私から切り出しました。

 

私「ところで、お母ちゃん、お中元届いた?」

母「とっくに届いてるわ」

 

さすがに、私も腹が立ってきて、言い返しました。

 

私「届いてるんやったら、電話でもメールでも、礼の一つもあってええんとちゃうの?」

母「あんた、自分が何をしたんか、わかってるか?」

 

何か、不手際でもあったのかと心配になりました。

 

私「もしかして、腐ってたとか、何かあった?」

母「もう、とっくに、全部食べたわ」

 

なぜ、母が不機嫌なのか、全く理解できませんでした。

 

私「70才超える、ええ大人が、逆ギレかいな?」

母「あんた、自分が何をしたんか、胸に手あてて考えてみ!」

 

何が何だか、わけがわかりません。

 

私「お母ちゃん、何を言うてんねん?暑さでボケてきたんとちゃうかあ?」

母「お母ちゃん、あんたを、そんなふうに育てた憶えないわ」

 

なぜ、お中元を贈って怒られるのか、返す言葉もありませんでした。

 

私「・・・」

母「あんた、親にハム買ったやろ!」

最新の記事

アーカイブ