Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2021年5月24日

まだおじさん?もうおじさん?

 博報堂生活総合研究所の長期時系列
調査「生活定点」の2020年版によ
ると平均43.24歳から『おじさん』
になるそうです。さらに『おじさん』
からの卒業は平均68.66歳とのこ
とです。したがって、男性は43歳か
ら69歳までのおよそ四半世紀を『お
じさん』として生きることになります。

 そして、性別年代別の調査結果をも
とにした『おじさん』分岐点世代であ
る40代男性の特徴も挙げられていま
した。約1,400項目に上る調査結
果から40代男性が1位あるいは最下
位となった象徴的なデータを抽出した
ものです。
①「許さない」
  待ち合わせや電車の待ち時間、他
  人のスピーチやレジ待ち時間にイ
  ライラしがちだそうです。
②「闘わない」
  日本の政治、経済に関心があり、
  日本の現状を憂いているのですが、
  選挙には行かない。
③「燃えない」
  日常、精神的な疲れやストレスを
  感じつつ、楽しんでいる趣味や熱
  中していることに乏しい。
④「連(つる)まない」
  友人が少なく、同僚との飲みにケ
  ーションや家族とのコミュニケー
  ションも満足度が低いようです。
⑤「直さない」
  自分の教養や体形に満足していな
  いが、勉強やダイエット、スポー
  ツにお金や時間を費やさない。
⑥「人情派」
  ホワイトデーのお返しはちゃんと
  する律義さと忙しい時でも挨拶は
  欠かさない礼儀正しさを持つ。
⑦「庶民派」
  定価でものを買いたくない、寿司
  よりカレーが好き、でも超能力は
  信じないリアリストで堅実な人。
  だそうです。

 小学生の頃、高校野球を見ていて高校
生を大人だなあと思いましたが、実際に
自分が高校生になるとそうでもないこと
に気づきました。また、知らないうちに
大人どころか『おじさん』真っ只中とな
っていましたが、若い頃に想像していた
ほど『おじさん』も老けていないような
気がしています。年齢は、自分が達する
まではすごく上に感じて、いざ自分がな
ってしまうと低く感じるものなのかもし
れません。

 「青春とは人生のある期間でなく、心
の持ち方を言う」という言葉があります。
見てくれは別としても、常に若々しい内
面で、チャレンジャー精神を忘れること
なく、いつまでも青春を謳歌しているよ
うな立派な『おじさん』に成りたいと思
います。

最新の記事

アーカイブ