Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2019年3月25日

ファクトフルネス

先日、浅草の神谷バーで席が隣になった北陸の銀行マンの方が持っておられた

のがハンス・ロスリング著「FACT FULNESS」でした。

これをきっかけに読んでみたのですが、とにかく面白く共感しました。

 

著者はスウェーデンの医師で公衆衛生の専門、インドやアフリカで診療や調査

をした体感も生々しく、過去の失敗談も主張に説得力を増します。TEDトー

クなどでも有名な方だけあって、語り口調が軽快で読み易く、その主張も端的

で分かり易いので、ページがあっという間に進みました。

 

ロスリング氏は、貧困、人口、教育、エネルギーなど幅広いテーマの三択13

問を企業経営者や大学教授、科学者、ジャーナリストなどへ出しました。

例えば、

「世界で極度の貧困にある人の割合は、過去20年でどう変わったでしょうか?

  A.約2倍 B.変わらない C.半分」

「世界の平均寿命は何歳でしょうか?

  A.50歳 B.60歳 C.70歳」

「1996年に、トラ・ジャイアントパンダ・クロサイが絶滅危惧種に指定さ

 れました。この3つの動物で当時より絶滅の危機に瀕しているのは幾つの動

 物でしょうか?

  A.2つ B.1つ C.ゼロ」

                         (全て正解は「C」)

 その結果は、世の中で優秀とされる層の人たちでも正解率が平均7%以下で、

自由に選ぶチンパンジーの正解確率33%よりも劣っていたそうです。

本著は、このように間違ってしまう理由に触れ、何でも二項対立で世界の実情

を読み解こうとする人々に警鐘を鳴らします。「世界が先進国と途上国に分断

され、テロや自然災害の脅威はますます高まっている」と、信じてしまってい

る人が多いというのは、誰しも無意識のうちにドラマチック(極端)な事象を

求める本能があるからだそうです。

 

「FACT FULNESS」では、世界は「分断されている」「どんどん悪

くなっている」など誤った10の見解を、豊富なデータや写真、グラフを駆使

して真実に基づき丁寧に退けていきます。

思い込みを排除して事実と真摯に向き合う「ファクトフルネス」を身に付けれ

ば世界に希望が持て、癒やし効果も得られる、と著者は言い切っています。

政府統計で不正が発覚した今、データを読み解く目の重要性を再認識させられ

る良著だと思いました。

 

また最近は、日本人の新聞購読率が低下し続けています。一方でネットからニ

ュースや情報を入手することが増えています。これは、過去の履歴から自分の

好きな分野に偏るという危険もはらんでいます。普段あまり興味のない分野の

ニュースや情報は、理解が薄くなり誤解や思い込みが発生しやすくなります。

実際に、今朝の新聞にも日本の中高生の4分の1以上、26.3%がフェイク

ニュースに騙された経験があると載っていました。更に、そのフェイクニュー

スをSNSでリツイートやいいねなどをして拡散したり、友人や家族に話した

経験がある中高生が6割を超えているとありました。

 

その情報は、本当に正しいのか?

過去の知識はアップデートされ、今でも通用する真実なのか?

自問自答する習慣を身につけ、誤解や偏見、思い込みに陥らないようにしたい

ものです。

最新の記事

アーカイブ