Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2021年8月2日

ワクワクチン

 一昨日の新聞に『個人の自由に配慮を』と
いう見出しのコラムがあり、ワクチン接種に
ついて意見が述べられていました。
 「ワクチン打ちましたか?」が挨拶のよう
になっていますが、接種するしないの選択は
個人の判断に任されていて、各自それぞれに
考え方があるのだから打つのが当然と決めつ
けない方が良いという内容でした。もし話題
にするのであればお互いの違いに配慮して
「ワクチン、いろいろ大変ですね」程度にと
どめておくべきとのことでした。
 コミュニケーションは、難しいなあと思い
ました。

 また先日、今年の春に行われた若手・中堅
社員500人アンケートの結果を目にしまし
た。いわゆるミレニアル世代、Y世代と呼ば
れる人たちが、自社の社長をどのように見て
いるのか、『社長を残念に思った瞬間』につ
いて紹介されていました。

 「社員がどんなに忙しくしていても、全く
仕事をしない」、そんな社長が本当に存在す
るのか疑問は残りますが、仕事ができてこそ
社長たるものと書かれていてハッとさせられ
ました。
 「いろいろな愚痴を言っていたとき」「時
間にルーズで必ず遅れてくる」「顔が疲れて
ている」ともあり、仕事への向き合い方もし
っかりと見られているとのことでした。
 他にも「決断力がない」「出していた方針
の一部を濁した」「コロナ禍でコスト削減は
仕方ないが、まずは経営陣の見通しの甘さを
社員に一言伝えるべき」といった厳しい評価
もありました。
 また、社員を大切にしていないことへの
戒めもありました。「半分見下して、誰も
意見できない」「甲高い声で部下を叱責す
る」「スタッフに怒りをぶつける」などが
載っていました。
 さらに社長は話し上手で聴き上手でなけ
ればならないともありました。「どんな話
をしても大した感動や共感がない」「棒読
み」「何を言っているのか聞きとれない」
「同じ話を繰り返す」「周りの言葉に耳を
傾けない」などでした。
 そして、仕事と直接関係ないところで
も見られている、社長としてよりも人と
しての人間力が重要とのことでした。「社
会常識がない」「判断基準がズレている」
「自慢話が多い」「酔うと絡む」「鼻をほ
じる」「若い異性に甘い」などが挙げられ
ていました。
 
 これらは、社長に限らず、リーダーや上
司、人の前に立つ人間には皆共通で、肝に
銘じておく必要があるなと、自戒の念も込
めて思うところがありました。
 また、このアンケートを読んでいて相
手の立場、自身との相違に配慮すること
の難しさを感じました。
 「リーダーは、背中で語れ、背中で引
っ張れ」といった言葉もありますが、コ
ミュニケーションの本質は「相手が受け
止めたもの」であって、自分が伝えたい
ことではない、相手にどう伝わったかが
重要なんだと改めて考えさせられました。
DXの重要性やAIが人間の仕事を奪う
などの記事を目にしますが、だからこそ
人間同士のコミュニケーション、世代を
超えて相手に寄り添った意思伝達がとて
も大切なんだと考えさせられました。

最新の記事

アーカイブ