Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2016年7月4日

偉大なるMJ

日経MJの“MJ”は、マーケティング・ジャーナルの略とのことですが、

その日経MJに、今朝“MJ”さんが特集されていました。

尊敬するマイケル・ジョーダンでも、マイケル・ジャクソン、松潤さん

でもありません。

「ゆるキャラ」や「マイブーム」など新ジャンルを切り開かれた

偉大なる“MJ”、みうらじゅんさんです。

 

以前の日経MJのインタビューでみうらじゅんさんは、

「高齢者問題にしても暗い話ばかり。

 自分でもそうだけど、50歳過ぎてから物がかすんで見えないとか、

 膝が痛いとかね。まさに老いるショックですが、

 『老いるショック!』とポップに言えば、もっと楽になると思うけど。

 友人とかも病気自慢していて、嬉しそう。それを進化と考えれば面白いよね。」

と話されていました。

逆転の発想、とにかくポジティブ・シンキングだなあと感心させられました。

 

また、アイデアづくりの極意として、「ムダ、無意味こそ面白い!」とも、

停滞している企業ほど、業界の論理や成功体験、トップの思い込みが強く、

自由な発想を妨げていると書かれていました。

 

私たちビッグ・エーの強みは、ムリ・ムダ・ムラをなくした標準化、簡素化

にあり、その自助努力の最大化とご協力下さるお取引先様との信頼関係により

「省く」で「安く」、『正しい価格をつくる。』をミッションとしています。

ただ、物事を考える時には、一見するとムダや無意味なように感じる隙間が

とても重要なんだと改めて認識させられました。

 

みうらじゅんさんは、「(ネットなどでの抗議が多くなり)今、世の中は

突っ込みばかりで、誰もボケ役になりたがらない。」とも言われていました。

私としましては、ボケ役を買って出られる人間でありたいと思います。

すべらないように。

最新の記事

アーカイブ