Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2016年2月19日

小さな要請

なんたる不覚。

健康なのが当たり前だと、過信してしまっていた。

高熱にみまわれ、3日間も寝込んでしまった。

 

40℃を超える熱にうなされながら

「このまま、死んでしまうのでは・・・」と弱気になる自分がいた。

「生死をさ迷うとは、こういうことなのか・・・」と思った。

 

すると、まさにその瞬間、

目の前に、小さな妖精が現れた。

 

小さな妖精は、私に向かってこう言ってきました。

「今、望みが叶うとしたら何をお願いしますか?」

 

私は、こう答えた。

「とにかく、熱を下げてもらいたい」

 

妖精が聴き返してきた。

「本当にそれだけでいいのですか?

 他に願いごとは、ないですね?」

 

高熱で苦しんでいる私にとって、まさに救世主

私は妖精に懇願するように言った。

「病になって、初めて健康のありがたさを痛感しました。

 大袈裟でなく、本当に死んでしまうかと思ったぐらいです。

 本当にありがとうございます。

 何とお礼を言ったらいいのか・・・」

 

すると、妖精が言いました。

「お礼を言うのは私の方です。

 そんなお忙しいところ、アンケートにご協力頂きまして

 ありがとうございました。」

 

小さな妖精は、そう言うと足早に立ち去って行きました。

最新の記事

アーカイブ