Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2016年10月19日

少子高齢化先進国

 昨日の新聞に、内閣府のデフレの定義として「物価の持続的な下落」とあり、

デフレ脱却とは「その状況を脱し、再びそうした状況に戻る見込みがないこと」

であると書かれていました。

 「デフレ脱却」と同様に、最近の新聞に「人手不足」「1億総活躍」「働き

方改革」「生産性向上」「同一労働同一賃金」といった言葉が載っていない日

はありません。

 それらは、今に始まったわけではないのですが、「少子高齢化・人口減少」

といった人口動態に基因するものであります。

 

 『デフレの正体』(角川書店)で有名な藻谷浩介氏は、デフレの根本的原因

を現役世代人口の減少にあると指摘されています。

 著書の中で藻谷氏は、生産年齢人口の減少による商品の需要と供給のバラン

スが崩れてしまったことがデフレの主因であり、景気の良し悪しの問題ではな

いと主張され、その対策として、金融緩和ではなく、①増える高齢者の需要開

拓とその利益の若者への還元、②女性就労の促進、③外国人移民ではなく観光

客の国内での消費増加、の3つだと結論づけられていました。

 最近の雑誌には、「そもそも人口減少は悲観すべきことではなく、むしろ将

来への希望だ」とも載せられていました。

 
 また、立正大学教授の吉川洋氏も近著『人口と日本経済』(中公新書)の中

で、「人口減だから右肩下がり」という決まり文句、悲観論を排されています。

 経済学者シュンペーターの理論を引用され、必要は発明の母という通り、高

齢者が増えていくという社会の変化は、必ず新しいニーズが発生しイノベーシ

ョンの宝の山だと説かれています。

 

 日本の高齢化と人口減は確かに世界でも飛びぬけています。少子高齢化の先

進国でありトップランナーです。

 その現実を企業、経営者がどのように捉え、判断、決断、断行していくかで

将来の明るさが変わってくることは間違いありません。

 

 我々ビッグ・エーが展開するハード・ディスカウントストア、リミテッド・

アソートメントストアについて、以前、流通専門誌に「小型店舗で、華美な装

飾はなく、箱積みされた商品を安く買えるフォーマット。高齢化、年金受給者、

単身世帯の増加は、このフォーマットに有利である」と記載されていました。

 今後の人口動態も踏まえると、我々ビッグ・エーが世の為、人の為に貢献で

きる可能性、重要性は高いものと思っています。否、そうしなければなりません。

 買う人・作る人・売る人みんながハッピーになれる根拠のある安さを我々の自

助努力、「省く」で「安く」を実践していくことで、『正しい価格をつくる。』

を実現することが、必ず少子高齢化先進国の生活者の皆様の日々の暮らしにお

役に立てると確信しています。

 
 少子高齢化 ⇒ 社会保障費の増加 ⇒ 可処分所得の逓減 ⇒ エンゲル係数の増加

⇒ 堅実消費の高まりのスパイラルをチャンスにすべく、『正しい価格をつくる。』

の実現に従業員一人ひとり全社一丸で邁進して参ります。

最新の記事

アーカイブ