Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2017年3月22日

未来と自分

 『私が若く自由で想像力が豊かだった頃、

  世界を変える夢を見ていました。

 

  歳をとり、知恵がついてくるにしたがって

  世界はどうしても変えられないことに気がつきました。

 

  そこで、多少視野を狭めて、

  私の国だけでも変えようと決心しました。

 

  しかし、国も動くように見えませんでした。

 

  物の道理がわかるようになるにつれ、

  最後の必死の努力をしようと思い

  自分に最も近い家族を変えることにしました。

 

  しかし、嗚呼、家族も思うようになりませんでした。

 

  今、死の床に伏し、突然悟ったのです。

  もしも、まず自分自身を変えることができていたなら、

  範をたれて、家族を変えることができていたかもしれない。

 

  そうしたら、家族に勇気づけられ、後押しを受けて

  この国を少しでもよくできていたかもしれない。

 

  そうすれば、ひょっとすると

  私は世界を変えることができていたかもしれないと』

 

ロンドンのウェストミンスター寺院の墓石に刻まれている言葉です。

考えさせられます。

なぜ、この言葉を墓石にまで刻まれて後世へ残そうとされたのか、

真意は計り知れないのですが、先人の叡智として後人の成功を思って

のことであるのは確かです。

とかく、事が上手く運ばなかったりすると、言い訳が先に立ったり、

他人や環境の所為にしてしまうのが人の常なのかもしれません。

ただ、それでは結局のところ何も良くなりませんし、誰も喜びません。

 

『過去と他人は変えられない。しかし、未来と自分は変えられる』、

自分次第で未来は変わることを肝に銘じておきたいものです。

最新の記事

アーカイブ