Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2022年2月28日

海千山千かっぱえび線

 以前、東京メトロ東西線を使って通勤して
いました。
 ホームで電車を待っている時「間もなく1
番線に、中野行きが到着します」という放送
を耳にすると、架空の人物『中野ゆき』さん
がいつも頭をよぎりました。中野ゆきさんは、
とても清楚で物静かな方です。
 「三鷹行き」「西船橋行き」の時には思い
浮かんでこず、JR東海道線でも「高崎ゆき」
さんや「熱海ゆき」さんには未だに会ったこ
とがありません。

 ある時、もし終点が『斉藤』という駅名だ
ったら「間もなく1番線に、斉藤行きが到着
します」になるなあと思い、頭の中では「♪
ああ、卒業式で泣かないと~」が流れていま
した。
 また、もし『小柳』駅だったら「♪あなた
のキスを数えましょう~」、もし『兵藤』駅
だったら「…」、などと考えたのを憶えてい
ます。

 そして、つい最近のこと、相鉄線に乗って
いると「次は、海老名、海老名、終点です」
という車内放送が流れてきました。
 やはり、「海老名」と聞くと林家三平師匠
の長女、峰竜太さんの奥様、泰葉さんや林家
正蔵さんのお姉さんが頭に浮かんできました。
 すると、同じ車両に乗っていた数名の小学
生のうち一人の男の子が「みどり!みどり!」
と叫び出すではありませんか!?
 さらに、もう一人も「みどり、みどり、絶
対みどり」と連呼するではありませんか!?
 海老名美どりさんが小学生にこんなにも人
気があると露知らず、本当に驚かされました。

 ただ、暫くしてわかったのですが、その小
学生たちはクイズかテストの問題を出し合っ
ていて、答えが「緑色」だったようです。
 おっさんの認知バイアスには十分気をつけ
たいと反省した次第です。

最新の記事

アーカイブ