Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2017年1月11日

温先知新

先日、Facebookを見ていると

「近くを見るから船酔いする。

 100キロ先を見ていれば景色は絶対にぶれない。

 ビジョンがあれば少々の嵐にもへこたれない」

という、ソフトバンク孫正義氏の言葉がありました。

 

「かっちょええ!」と思ったと同時に、沖縄タイムス元社長

上間正諭氏の『温先知新』という言葉を思い出しました。

 

私のメモ帳に2003年10月19日(日)となっていましたが、

そこには、

  故〈ふる〉きを温〈たず〉ねて、新しきを知る。

 「過去の史実を研究し、そこから新しい知識や考え方を

  見つけ出すこと」の意である論語の『温故知新』に対して、

 『温先知新』とは、

 「こうありたいという将来、これから先に自分たちを置き、

  そこから直線を引いてきて、現在の状況を見てみること。

  そうすると、どんな道筋を通ってその将来に到達すれば

  いいかがわかってくる」という意味。

と書かれていました。

 

年が明け、多くの企業や組織で次年度の方針や中期計画などの策定

の大詰めを迎える時期となりますが、当面の問題解決や現状の延長

線でなく、自分たちのありたい将来から逆算して何をすべきかを見

い出すことが重要であると改めて感じました。

また、この『温先知新』は、個人の成長においても大切であると考

えさせられた次第です。

最新の記事

アーカイブ