Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2016年6月13日

熱海さん

昨日、ノボルくんのお父さんがもう嫌だというので

一人で授業参観に行ってきました。

2年1組の教室に入ると、国語の時間でした。

 

木村先生

「次の問題は、すごく難しいですよ。

『あたかも』という言葉を使って短い文章を作ってみましょう。」

 

みんな、真剣な顔でノートに文章を書きはじめました。

 

木村先生

「みんな、できたかな?」

 

みんな、一斉に手を挙げました。

 

木村先生

「ミヨコちゃんは、どんな文章を作ったかな?」

 

ミヨコちゃん

「はい。

 『その瞬間、あたかも時が止まったかのように感じた。』」

 

木村先生

「ミヨコちゃん、すごいね、よくできました。

 じゃあ、ほかにはどうかな?」

 

みんな、元気に手を挙げました。

 

木村先生

「はい、ノボルくん。

 この前、練習問題でやった時の

 『冷蔵庫に、牛乳があたかもしれない』は、ダメだよ」

 

ノボルくん

「今日は、大丈夫です」

 

木村先生

「では、ノボルくん言ってみて下さい」

 

ノボルくん

「はい。

 『熱海? あつみ? いや、あたかもしれない。』」

最新の記事

アーカイブ