Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2020年3月2日

計算高い男

近所に住んでいる小学2年生のノボルくんが、お父さんと公園で遊んだ後、

お家に帰ろうとしていました。

お父さん

「ノボル、お家に着くまで頭の体操をしよう」

ノボルくん

「頭の体操?」

お父さん

「交代でなぞなぞを出し合って、

それに答えられなかったら相手に罰金を払うんだ」

ノボルくん

「面白そうだね」

お父さん

「ノボルが答えられなかったら罰金10円、

お父さんの罰金は、ハンデとして100円にしよう」

ノボルくん

「いいよ、じゃあ、お父さんから質問を出して」

お父さん

「果物のリンゴ、ぶどう、バナナを載せたトラックが

急カーブにさしかかりました。

トラックが最初に落としたのは、な~んだ?」

ノボルくん

「えっ、なんだろう…」

お父さん

「ノボル、頭をやわらかくして考えて」

ノボルくん

「丸いからリンゴかなあ...

お父さん

「ブッブー!

正解はスピードでした」

ノボルくん

「な~んだ、そういうことかあ。

はい、罰金10円」

お父さん

「ノボル、頭が固いぞ」

ノボルくん

「じゃあ、お父さん、今度は僕の番だよ。

公園に行く時は3本脚で、家に帰る時には4本脚って、な~んだ?」

お父さん

「え!? なんだ!? なんだ!?」

お父さんは必死に考えましたが解らず、とうとうお家に着いてしまいました。

お父さん

「降参だあ...罰金100円払うよ。

悔しいなあ」

ノボルくん

「ヤッター! ぼくの勝ちだね」

お父さん

「で、ノボル、さっきの答えは何なんだい?」

ノボルくんは、黙って10円を払いました。

最新の記事

アーカイブ