Big-A ビッグ・エー

PRESIDENT BLOG

社長ブログ

社長のつぶやき

2016年10月6日

食にまつわる10の問題

先日、デザイナーフーズ株式会社の取締役であり管理栄養士でもある

市野真理子さんからお話を伺いました。

 

「日本の食にまつわる10の問題」として、

  • 米の消費の減少
  • エネルギー源の変化
  • 失われる季節と旬
  • 食べ物への無関心
  • 短くなる調理時間、食の時間
  • 個食、孤食、欠食の増加
  • 便利な食品と交換に健康を害している
  • 国民病アレルギーとうつ
  • 家庭で一汁三菜を食べなくなった
  • 超高齢化と生活習慣病

を挙げられていました。

 

最初に「昨日、何杯、ごはんを食べましたか?」と質問がありました。

思い出してみると、1杯しか食べていませんでした。(日本酒除く)

日本人は以前、平均すると1人1日お茶碗5杯のごはんを食べていた

そうなのですが、現在は3杯に減っているそうです。

 

逆に、卵は、3週間で1パックだったのが、2週間で1パックに増え、

植物油は1.5㎏ボトルで換算すると年間3本だったのが9本と、

3倍も摂取量が増えているそうです。

 

また、旬の季節にこそ中身があるということで、同じ食材でも栄養価が

四季によって上下するというお話を伺いました。

例えば、ほうれん草だと、ビタミンC含量が、冬と夏とで7倍もの差が

あるということです。

旬の冬に食べる、ほうれん草1束と同じだけの栄養価を摂ろうとすると、

夏では7束も食べないと補えないということです。

 

更に、調理時間と食の時間が短くなり、

「家族の食事を知らない」

「ビュッフェ式・大皿盛り料理の増加」

「子供と一緒に料理できない」

「献立が作れない」

「食事の躾ができない」

といった、現代の食卓事情、台所事情のお話も興味深いものでした。

クッキングスクールに通う若者やネットのレシピ検索が増えているのも、

こういった家庭事情が背景にあるのではとのことでした。

ネットのレシピ検索も、実際は下拵えや基礎的な調理方法を確かめる

ために使っている人が多くなっているのではとのことでした。

 

その他にも、これからの小売業や外食産業の食と健康を軸とした役割、

あり方について貴重な内容ばかりで、とても勉強になりました。

お客様の食生活の一端を担うビッグ・エーとしても、市野さんの示唆を

売場に反映させていき、良い品をより安く、豊かな暮らしに貢献してい

きたいと思います。

最新の記事

アーカイブ