Big-A Discount Foods

社長ブログPRESIDENT BLOG

TOP > 社長のつぶやき

ビッグ・エー社長のつぶやき

戸が笑う2017.06.14.Wednesday

先日の従業員懇談会に、各地区で10名前後のパートナーさんたちが集まってくれ

ました。

耳の痛い指摘や貴重な提案、意見など数多く挙げてもらい、もっと自分の会社やお

店を良くしたいという思いがヒシヒシと伝わってきました。お一人お一人に感謝の

気持ちで一杯です。

 

その中で、あるパートナーさんから「社長の思う『いいお店』とは、どんなイメー

ジですか?」という質問がありました。

私は直ぐに、以前、北川八郎先生から教えて頂いた「戸が笑う」お店が頭に浮び、

説明さてもらいました。

 

北川八郎先生は、インドを放浪され、40日間を超える完全断食を二度体験された

方で、現在は阿蘇の山中で陶芸家をされています。15年位前にご紹介頂いてから

何度となく激励やアドバイスをもらいました。

「戸が笑う」については、北川八郎先生の書かれた『繁栄の法則』(致知出版)に

詳しいのですが、同著『無敵の経営』(サンマーク出版)も何度読んでも背筋の伸

びる奥の深い一冊です。

 

「戸が笑う」の意味は、そのお店や会社で働く人たちが、お互いに仲が良く、和気

あいあいとしていると、その店舗の入り口(戸)が笑っているかのように歓迎感を

醸し出し、自然に人が集まってくる、お客様が吸い寄せられて来るというものです。

 

小中学生の頃、市営バスに乗っていると、対向車線を走る同じ市営バスとすれ違う

際に、運転手さん同士が笑顔で敬礼する姿を見て、なぜだか嬉しい気持ちになった

のを憶えています。

また、飲食店でも、店員さん同士の仲の良い光景を目にすると、温かみや親しみを

感じて料理まで美味しく思え、いい時間が過ごせたと、また来たくなります。

まさに『戸が笑う』お店です。

 

ビッグ・エー全店が『戸が笑う』お店になるように、従業員懇談会で挙げてもらっ

た現場の声を大切に、一つ一つ改善していくことで、もっと働きやすい職場、も

っと遣り甲斐を感じられる会社に繋げていきたいと改めて思いました。

お客様からの「ありがとう」と従業員同志の「ありがとう」がもっともっと飛び

交うような会社、お店にしていきたいとパートナーさんたちの前向きな一言一言

から痛感させてもらいました。